新潟で“痛み”にお困りの方 −フィジオケア新潟のブログ−

整形外科専門の理学療法士(リハビリテーション)です。現在は“フィジオケア新潟”としてフリーランスの治療家もしております。注射や投薬でも改善されない辛い“痛み“でお困りの方がおりましたらお気軽にご相談下さい。およそ3万人の身体を診てきたスキルを活かし、運動療法によって症状の改善を目指します。メールアドレス:physio_care_niigata@yahoo.co.jp

学会発表の大判ポスター −Keynote版−

学会発表用の大判ポスターを作る

ポスター発表

 医療系だけでなく、日々研究に勤しむ方々は必ず発表をする機会があるはずです。査読の時点で優秀?と判断された内容は口述発表、だいたいの方はポスター発表になるかと思います(言い方が失礼ですね...)。

 

 ポスター発表と言っても、有意義な発表がたくさんあるわけでして、やはり良い発表者の周りにはたくさんの人が押し寄せます。しかし、何百何千とあるポスターです。いくら良い発表でも、見づらいポスターでは集客は見込めませんし、せっかく時間を費やしてできた発表なのに人目に触れないのは実にもったいない。理学療法士の発表ではお医者さんの発表のように座長がいらっしゃるわけではないのでね。

見づらいポスター

 ☑文字が多い・小さい

 ☑色使いが悪い

 ☑構成が悪い

 ☑印刷したままの状態で貼り付けられている

 

ご参考までに

ポスター発表のしかた (TAKENAKA's Web Page)

 

 こんなところでしょうか。私的には「印刷したままの状態で貼り付けられている」と、なんとなくそれだけでパスしちゃいますね。

ポスターを自作する

 PowerPointKeynoteで作成して印刷するとだいたいの場合はA4サイズになるかと思います。でもそれを印刷してそのまま貼り付けたのではもったいないですね。ということで、それっぽく見えるポスターを自作しちゃいましょうというわけです。ポスター発表で多いと思われる縦1800mm横900mmで作成しましょう。ちなみに本当にきれいで人目を引くポスターを作るには、やはり専門業者さんに依頼するのが間違いないです。今回はそんな出費さえもケチりたい人向けです。

 

 KeynoteとPosteRazorによる学会ポスター分割印刷作製 – Ogishima Blog

 えっと、正直ここにリンクしていただければ大丈夫なのですが笑。

 要は大判ポスターは業者さんに依頼しないと作れないので、大判サイズをA4ないしA3サイズに分割したモノを作ります。

方法

 ◇Keynote(バージョン10.11.4)でポスター(スライド)サイズを調整する

 ※サイズ調整にあたり、Keynoteでは「pt」の単位を使います。「cm pt 換算」 検索すると換算表が出てくるので、お好みのサイズで調べて下さい。

 ①「スライドのサイズ」➔「カスタムのスライドサイズ」を選択

 ②今回は「900mm✕1800mm」なので「2551pt✕5102pt」に設定 

f:id:maaa0218:20160508103918p:plain

  

 ◇PNGJPEGでもいけるかも)形式のイメージ画像として書き出す

 ①「ファイル」➔「書き出す」➔「イメージ」➔「PNGフォーマット」➔「次へ」で書き出す

f:id:maaa0218:20160508103927p:plain

 

 ◇PosteRazorで分割する

 ①http://posterazor.sourceforge.net/ ←まずはダウンロード

f:id:maaa0218:20160508105143p:plain

 

 ②「input image」のフォルダをクリックして目的のファイルを選択➔「NEXT」

f:id:maaa0218:20160508110429p:plain

 

 ③「Format:A4」なので、とりあえずこれはこのまま「NEXT」

f:id:maaa0218:20160508110437p:plain

 

 ④「Overlapping position」はとりあえずこのまま➔「NEXT」

f:id:maaa0218:20160508110442p:plain

 

 ⑤「Absolute size」➔「Width」と「Height」を調整する

f:id:maaa0218:20160508110449p:plain

 

 ⑥「Height」は「5」pagesで良いかもです ※これで分割枚数が決まります

f:id:maaa0218:20160508110458p:plain

 

 ⑦「フロッピーマーク」を選択➔「PDFデータ」として保存される

f:id:maaa0218:20160508110503p:plain

 

 あとは印刷して不要な部分を処理して終了!

 A4サイズだと持ち運びが楽で良いですね。大判ポスターだと専用ケースに入れないとなので、結構邪魔だったりしますし。今回、900mm✕1800mmで出力すると、A4サイズで30枚強でした。A3サイズ設定ならもうちょい少なくて済みますね。

 

 ちょい手間だけど、節約して良いポスター発表ができるように頑張りましょう!!!
 

 余談。作成にあたり、Keynote用の900mm✕1800mmのテンプレートが見当たりませんでした。なので今回はPowerPoint用のテンプレートをKeynoteで立ち上げて作成しました。PowerPoint テンプレート ポスター」で検索すると何かしらでてきます。